QKAKE::TECH

テックなことを書く

2017年3月31日の日記

f:id:Kaketan:20170331233615j:plain

この自撮りがイイと思ったらこちらをクリック!😊Amazonのページが開きます)

清潔感のないヤツは何をやっても駄目

たまたま切れてた生活品をアマゾンで補充したらめっちゃキレイ好きの人みたいになった

「なぜ?」を問う勇気

「なぜ?」を問うたほうがよいのかな。

意見が求められている場で、「○○はどうですか?」と提案することは結構ある。 エンジニアリングについてはまだしょぼしょぼだから案を出すことすら厳しいこともあるけれど、それ以外のことについて何か意見を求められたときは何かしら答えるように心がけている。 そのように、何かしら回答したら周りからのフィードバックがあるのだけれど、しばしばあるのが「いやそれは要らないんじゃない」みたいに言われて「いや、というのも〜だからです」と理由を説明するようなものだ。 正直、意見を言った側としては、端的に「いらなくね?」みたいに言われるだけでは、寂しい気持ちになる。 なんか、俺がしょぼしょぼ人間だから、しょぼい人間がなにか言ってるよみたいな色眼鏡でみられてしまっているのではという気にすらなってしまう。 だけど、大事なのは意見を活発にさせるということなので、ここでは、理由を述べずに「いらなくね?」と言われてしまった場合は、そのまま押し切らずに、意見を言ったものの責任のとり方として、ちゃんと「どうしてそう思ったのか気になるので教えてもらってもいいですか?」というニュアンスで、あくまでも理由が知りたいということを態度で示しながら物腰柔らかく「お、なぜですか」と聞くのがよいのかもしれないと思った。意見言った側もモヤモヤしてしまうっていうのもあるし、もしかしたらちゃんとした理由があって、その理由を考慮すると別のもっといい提案が僕にできるかもしれないからだ。

俺がしょぼしょぼだから、しょぼしょぼじゃないってことをちゃんと行動で示しくしかないのかなあ。 俺の中では、俺はそんなにしょぼしょぼじゃないんだけど、エンジニア的なわからなさをうまく吸収する手段として、「わかんね〜!」って言えるキャラでやっていて、それに伴った弄られの側面もあるから、しょぼしょぼに見えやすいっていうのはあるのかもなあ。

まあ、俺に対して素直に意見言いやすいっていう状況ならむしろよいことかあとか。