かけちゃんねる2

エモいことを書く

LifeHack

お金が稼げない奴はクソ

資本主義社会のもとお金を稼ぐ力のない奴はどうしようもない。 俺は自分の世界観を大切にしてきたけれど、それはお金を稼ぐ努力をしないための言い訳ではないのか? 他者からの評価や賞賛の問題を都合よく主観の問題に転換する技術ばかり身につけて矜持を保…

ブログを書かなかったから体調不良になった

ブログを書くことを放置してしまったから体調が悪くなった。 はたして疑似相関がみられるかも怪しいけど、いま体調が優れていないことだけは事実だ。 ブログを書かないと体調が悪くなるとは、朝ごはんを食べたら頭が良くなるみたいなことを言っている。 朝ご…

サービス業と「勤勉さ」の相性の悪さについて

全てを完璧にすることができないのは人間も Web サービスも同じかもしれない。 人間がその不完全性から社会を形成して協力しあっているのと同じように、 Web サービスもしばしばバグが発生することから、決して完璧であることはできない。 まあそれはサービ…

勇気を獲得するたった一つの方法

今日やったこと 初めての(?)ログ調査 コマンドラインの操作をしたり、mysql をいじったりしていると、前の会社で色々弄っていた経験があってよかったという気持ちになる。当時は production 環境でなにかエラーが起きたときはソースコードを直接修正して …

まだ答え合わせのための観光で消耗してるの?

今日やったこと THE HANGOUT PLUS 観た 旅の目的は「自分がいつもいる環境とは違うところで生活している人がいる」と感じることで、価値観や思考が変わることと捉えると面白いなあと思った。 京都に行って金閣寺に行くような、答え合わせのような「観光」で…

何のためにブログを書くか〜目的達成のための手段〜

ブログを書くのがしんどいって言っている人がいて、わかると思った。 僕もつい先月まで「毎日更新」を目指して頑張っていたけど、長続きしなかった。なぜだろうと考えたけど、「誰かのため」になっていると感じられなくなったからかもしれない。というのも、…

ひっそりと自分の中の正義を貫くということ

自分の中の正義を大切にしたい。 自分の中の正義とは、人生における大きな目的である。これを志ということもある。 ざっくりと言ってしまうと、こういう世界になったらいいなあ、周りの人たちがこうなったらいいなあというものである。 これがある程度自分の…

実験的に始めてみよう 〜行動することの大切さ〜

実験的に始めてみよう 〜行動することの大切さ〜 いつもテキストでアウトプットしているけれど、たまには動画という形で発信するのも面白いかなと思って撮りました。 ここ数年、ボクが個人的に試行錯誤した過程での気づきについての内容です。 ふりかえれた…

「やりがい搾取」と意識高い系

『逃げるは恥だが役に立つ』という星野源に憑依するためのドラマで「やりがい搾取」といった社会派なワードが飛び出した。 「やりがい搾取」とは、簡単にいうと「やりがい」を根拠にして、正当な対価を払わずに安く労働力を得ることである。 ボクがこれを聞…

うっかりしがちな人にどう対策するか

人を信頼することと、事務的な確認は別で考えたほうがいい。 どんなに信頼している相手であっても、「うっかり」はある。そのうっかりによって、自分あるいは利害関係者に損害が生じてしまう場合は、念のために確認をするべきだ。 俺は過度に他者に期待する…

エモ番長のことば

エモさとは、情熱である。 エモさとは、愛情である。 エモさとは、後悔である。 エモさとは、感動である。 エモさとは、羨望である。 エモさとは、憎悪である。 エモさとは、歓喜である。 エモさとは、人間である。 エモ番長より

好奇心を大切にして生産性を高める方法

好きこそ物の上手なれって、まさにそうだよなあと思う。 周りにいる優秀なエンジニアは、仕事とかプライベートとか関係なく、コードを書くことが好きで、楽しくてやっている人が多い気がする。 なんでこんなことを思ったかというと、周りの人に「文章書くの…

ファッションと人生観

狂ったようにげんじさんの動画をみていた。 内容としてはファッションだ。どういうような組み合わせがオシャレかを具体例をあげて紹介したり、GUに売られているもののうちコスパのいい服を紹介したりするようなもよのだ。 結構面白い。そして個人的には、そ…

賃貸探しとセカンドオピニオン

不動産屋ってどこも同じだと思っていたけど、どうもそうじゃないみたいだ。 今までお世話になっていた不動産屋の営業マンは、前にも書いたと思うけど、ちょっとした訳アリ物件を「すごくおすすめです」といったように紹介してきたり、少しでも交渉につながり…

期待する対象の話

未来の出来事に期待をしてしまってはいけない。 楽観的であることが幸福の条件であるかのように説いている研究はいくつかあるが、楽観的であることは良いことばかりではない。 たとえば、楽観的であることは傷つく準備ができていないとも言い換えることがで…

酒と孤独と下心

身体があたたくなる程度にお酒を気持ちよく飲んだあとに「寂しいから帰りたくない!」とか女の子のようなことを思ってしまう。 それはまるで慣性の法則がはたらいているとしか思えないくらいに、家に帰るのが億劫になる。 そして、ふと昔の彼女のことを想起…

合理的人生設計のすすめ

「リアル人生ゲームの攻略チャート」をバージョンアップ!! 開始難易度がノーマルなら、これでなんとかなるはず。 pic.twitter.com/rMRFMaCSHu— 深津 貴之 (@fladdict) September 11, 2016 ちなみにチャートを見ればわかる通り、人生攻略のコツは「お金」じ…

ファッションと自意識

結構ファッションに興味のある人なのだということに最近気づいた。 その証左に、昼に話すことの内容が、ガッキーのドラマ、アイドル、パーカ最強説についてかくらいのものしかない。 大学に入ってすぐくらいまでは、黒やグレーを主とした服を着ていた気がす…

夢を叶えるたったひとつの方法

やりたいことってやったほうがいいと思うし、やりたくないことはやらないほうがいいと思う。 みんな心の奥底に「本当は○○だったらな〜」という気持ちが流れていて、それに耳を傾けられるかどうかが重要だと思う。 これはなにも「今日会社行きたくないな〜」…

気持ちよく生きるための能力を鍛えるということ

頭がいい、優秀であるというのは、生きるのがうまいということかもしれない。 ビジネスにおいて求められるものとして以下のような能力があるとする。 相手が何を求めているのか理解することができる いま自分が何を考えているのか説明することができる 対処…

愚痴られても愚痴るな

愚痴を言ってもどうにもならないと思う。笑い話として通用する空間での愚痴や皮肉なら理解できるのだけれど、マジレスとして「どうなのそれ」とか言うだけなのは、ただの攻撃でしか無いと思う。 「◯◯って意味わからん、バカみたい」だけじゃなにも解決しない…

環境の影響と盗む技術

環境の影響はいかほどのものか 声質、声のトーン、話し方、フレーズ、テンション、これらすべてが高い水準で似通っている人がいて、びっくりした。 もしかしたら、兄弟なのかな?と思ったけど、苗字も違うし容姿もことなるから、その線はない。 もしこれが、…

【書評】『具体と抽象』を読んだ

昨日読んだ『具体と抽象』という本が面白かった。 人間は知性が発達していて、それはすなわち抽象化する能力に長けていることである。 抽象化とは、ある事象とべつの事象との関係性を見つけたり、グルーピングすることである。 これを助けているのは言葉と数…

非モテコミット対策に必要なこと

非モテコミットとは、めちゃくちゃシンプルにいうと、モテない状態にコミットすることである。 [詳細] これを避ける方法はひとつで、それは、 俺の魅力に気づかない時点でダメさよなら というくらいの強気でいくことである。(気持ちの話をします) それはポ…

上手に失敗する技術を身につけるということ

職場で23歳ですって言ったら「若いね〜」って言われる。 個人的には人生のうち「今」が最も歳をとっているので若いという認識はないのだけれど、他者との関係性においては年齢は相対的なものなので、若いねと言われるのだろう。 この若さというものは、寿命…

スクラムが最強のソフトウェア開発手法である理由

スクラム #とは スクラム(英: Scrum)は、ソフトウェア開発における反復的で漸進的なアジャイルソフトウェア開発手法の1つである。この方法論は「柔軟かつ全人的なプロダクト開発ストラテジーであり、共通のゴールに到達するため、開発チームが一体となって…

学習に快楽システムを組み込む

好奇心をもって学習を継続していくためには、「わかる!」という経験をすることが大切です。 僕たちは「わかる」あるいは「できる」から楽しいのであって、「わかる」段階より前の「全く理解のできないことをとりあえず暗記する」みたいなことはあまり楽しく…

散歩のすゝめ

最近は、1日に1回は外に出ないと気が済まない。 それはおそらく変な健康志向をこじらせてしまっているからなのだが。しかし、これが意外と効果がある気がする。 以前は、なにか一つのことに取り組むと意気込んだときは家に引き篭もるということが多かったの…

島田紳助「神竜の研究」が面白かった

島田紳助のお笑いの講義がなかなか面白かった。 天才の人なのだろうなあと勝手に思っていたけれど、研究の人らしかったのが窺える動画があった。 島田紳助 「神竜の研究」(フルバージョン) ある分野におけるセンス(才能) × 努力 = 成果 したがって、…

わたし、気になります!

わたし、気になります! 気になることがたくさんある。 何か質問されたときに「そうですね〜、」って話し始めるのはなんでだろう。なんでオタクは早口なんだろう。頻繁にLINEのプロフィール写真を変更するのはどういう心理なんだろう。生まれながらに天才と…

人間ってなんだろう?

ずっと「人間ってなんだろう」みたいなことに興味がある。 だから、早起きをすることや、時間の制約を利用することで、自分のパフォーマンスを高めるようなことに挑戦したくなってしまう。 昨今インターネットの力によって、人間をハックするよりも世の中の…

イケボが最強である理由

今はイケボが最強の時代ですね。 男でいうと、高身長・高学歴・高収入であることなんかより、とにかくモテるためにはイケボになることですね。 なぜかというと、自分の男性的な魅力を女性の脳に直接働きかけることができるからですね。 つまり、音声ファイル…

No.1でなければならない理由

サービスはナンバーワンじゃなくちゃ意味がないというのはよく言われる。また、「2位じゃダメなんでしょうか?」という議員の発言が物議をかもしたことも記憶に新しい。 しかし、個人的にはつい最近になるまで1位じゃなきゃいけない理由が腑に落ちてなかった…

ダサい人にはなりたくない

なんだかこの人イケてないな〜と思うことがでてきて、これもひとつの好き嫌いなのかなと思って、好き嫌いを大切にしたいと思っているので、それでは、その嫌いを言語化してみたいと思います。 エクスキューズをいれるとね、自分ではない誰かのことをとやかく…

恋愛とはありのままの自分をさらけ出すこと

好みの異性に好かれようとすることは不幸なんじゃないかって思いますね。 相手に合わせるためには自分に嘘をつかなきゃいけないわけですよね。 着たくもないファッションに身を包んで、興味のない映画に行ってみたりしなきゃいけないわけですよ。 まあたしか…

家族といっても他人でしかない

家族という関係はあまりにも強すぎる。 どうしても家族というものは「運命」というような大きなものによって創られたと思い込みやすい。 しかし、親は子どもを選んだわけでもないし、子どもも親を選べるわけでもなければ、生まれたいと望んだわけでもない。 …

オタクは最強

オタクは最強である。なぜなら、自分の外の世界に好きなものや大切なものがあって、それに愛をそそぐことができているからだ。 一方で、自分のことにしか関心がないせいで自分が周りにどう見られるかばかり気にしてしまう人もいる。 そういう人は、なんとな…

「ありがとう」と伝える勇気

人はどこかで必要とされていたいのだと思う。 いくら能動的に人を愛することについて高尚に語ったところで、一方的なギブの虚無感は拭えないものだと思う。 自分が生み出したものや、自らの気持ちのギブに対して他者の反応がないというものはなんとも寂しい…

インターネットは衰退しました

インターネットはあまり面白くなくなってしまった。 まだ、スマートフォンが普及していなかったころのインターネットには夢がたくさんつまっていた。 それは、インターネットという技術をもちいることで世の中を情報化することで「真の民主主義があり得るん…

「念のため」にやりすぎない

「念のため」って嫌い。 「念のため」にやったことのほとんどは無かったこととして埋没していくんじゃないかなあ。 だったら、「今必要な」「重要なこと」にコミットしていくべきだと思う。 それは、個人としてでもそうだし、コミュニティの構成員としても皆…

わからないことを「わからない」という勇気

自分よりも知識の優れている人と仕事をするときに、自分の頭が良いように見せるために「わかっているふり」をすることはやめたほうがいい。同様に自分が想定していなかった事態に遭遇したときに、あたかも想定していた出来事であり、既に対応を進めているか…

システムを安定的に機能させるということ

組織の中で、誰にも相談しなくても「とりあえずやってみる」が許される範囲はどのように拡大されていくのだろうか。 結論としては、この範囲は積み重ねてきた信頼の高さに比例するだろうということだ。 予め断っておくと「とりあえずやってみる」にしても他…

トラブルシューティングから学ぶ仮説の立て方

先入観に囚われて、仮説を誤ってはいけない 問題解決に際して、よく知っているものや、自分の好きなものだったら、どういう風に仮説を立てたらいいかのイメージが容易である。 安い飲み物を買うために、近くのコンビニよりもちょっと遠いスーパーのほうが安…

与えられた時間をどう有意義につかうかということ

自由に使える時間を、どう有意義に過ごしていくかということを考える。 そこで、ひとつのトライとしてダラダラYouTube見てしまいそうになったら、お気に入りの番組表から選んでみることにする。 計画的偶発性理論がはたらきにくくなるのかな?とか思ったけど…

インターネットの奴隷になってはいけない

インターネットの奴隷になってはいけない。 インターネットは、あなたの現実をちょっぴり豊かにする手伝いをしてくれるかもしれない。 しかし、その便利さに酔いしれ盲目的になってはいけない。 インターネットは人と人が出会うきっかけにはなるかもしれない…

まだ受験勉強で消耗してるの?

受験勉強って、継続的に学習できる能力とか、学ぶ方法を学ぶことができるかとか、克己心があるかとかを測っているんだって穿った見方する他ない気がする。 継続的に学習するっていうのはつまり、人って飽きてしまうから、自分にバラエティに富んだご褒美をあ…

ちょっとした勇気を出して、人生を豊かにしよう!

大勢を目の前にして一人で踊るのは勇気がいるが、踊りに参加した1人目のフォロアーの勇気はもっとすごい。 人の創造性がもったいないことになっている原因のひとつとして、みんな、「あれがやりたい」「これがやりたい」という思いは抱えているが、それが公…

「他人に迷惑をかけてはいけない」という呪縛

突然ですが「他人に迷惑をかけてはいけない」のはなぜでしょう。相手が嫌がるからでしょうか。 僕は、今の時代にその考え方はあってないのではないかなあと思います。 なぜなら、今の私たちは村で生活をしているわけではありません。 すこし外れた行動をした…

プラバンでブローチを作ってみた

プラバンを買って、DIYでブローチを作ってみたぞ! 用意したもの プラバン 水彩絵具 サンドペーパー 油性ペン 丸筆 トップコート 安全ピン 瞬間接着剤 (すべて100円均一のもの) 1. プラバンをヤスリで削る 白い粉が出てきて、文字で書くと危ない感じになる…

目に見えないから、見る必要があるのです。

頭が痛い。痛いってなんだろう? ビンタされれば痛い(気持ちがいい)。タイキックをされたら痛い。わさびを食べると、痛い(?)。 なぜ痛いのだろうか。 そもそも、痛いのはビンタされた頬やキックされたお尻なのだろうか。 知識がないからよくわからない…