QKAKE::TECH

テックなことを書く

もっと自分をさらけ出していこうという話

「かけたんさんってずっとツイッターにいますよね」とサークルの後輩に言われたかけたんだよ。

 

ツイッターFacebook、LINEなどのSNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)は情報の伝達やインプット・アウトプットのツールとしては非常に使い勝手が良くて、ここ数年で広く普及した。

 

そんなSNSのタイムラインを見てて思うのが、「いやいや、みんな善い人すぎるでしょ」と。

そこで自分の呟きやFBの投稿を少し遡ったんだけど、不本意ながら「善い人」になってしまってるんだよね。

ツイッターは高校生の頃から利用していて、ツイッターは好きなことを呟く場所だ!」ってずっと主張してきてて、そんな自分を俯瞰してみるともう、本当に辛くって、情けなくて、申し訳ないんですわ。

 

個人的に利用時間の長いツイッターを例に話をしていく。 

まず、いつでも誰でも好きなときにアクセス可能な状態で記録として残るわけだから迂闊なことは呟けない。

そして、フォロワーにリアルの友達が複数人いると仮定すると、現実に支障をきたさないような振る舞いをせざるを得ない。

結論から言うと、みな「現実社会で周りの人に認知されている自分らしさ」を晒していると考えられる。

 

現実では様々な「自分らしさ」をコミュニケーションを取る相手(個人や組織)によって使い分けることが可能で、これによって上手く対人関係のバランスを保つことができる。

しかし、その対人関係をSNSにリンクさせるとどうなるかというと、コミュニケーションの様相が異なってくる。

なぜなら、SNS上では現実で使い分けている「自分らしさ」が収斂された形で表出するからだ。

その結果、フォロワーにとってこう自分は見られているだろうという「共通項」の部分(=当り障りのない自分らしさ)を曝け出すだけのコミュニケーションに留まってしまっているだろうというワケ。

上記のようなことが原因で、表層を撫でるだけではタイムラインに「善い人」しかいないように見えてしまうんだと思う。

 

けど実際のところは「これでは呟きたいことが呟けない!キーッ!」となった人はツイッターではサブアカウント(サブ垢)を作って、現実社会と同じように特定の自分らしさをさらけ出すことのできる空間を作り出している。

サブアカウントは、ボクが知るかぎりでは愚痴アカウントだったり、下ネタを吐き出すアカウントだったり、どちらかというとダークサイドなものが多い。

ボクが知らないだけで、あの子も陰でルサンチマンを爆発させているのかもしれない。

 

たしかに特定の個人に対する悪口などの類いは心証がよろしくないからサブ垢でお願いしますって感じだけど、もっとこう、ちょっとくらいドロドロしててもいいから、自分をさらけ出していこうよ!と思うわけですよ。

SNSの登場は、現実社会でもアイデンティティをいちいち使い分けなくて良いコミュニケーションへ回帰するいい契機になると思ってる。

ちょっとずつ、前述の「共通項」の範囲を拡張していくことで、現実でキャラを切り替えるとかいう煩わしさからの開放が期待できると同時に、インターネットとリアルの融合によるスケールメリットも得ることができる。

ボクもそうなんだけど、自分のアイデアとか意見に対する非難を過度に恐れている人は多く居るなと思っていて、でもそういう否定的な意見があることによって知識を深めるきっかけになったり、新しい産物があったりすると思うので適度なノイズはあっていいんじゃないかと思う。

 

そこで、そういうアウトプットの場としてはブログやFacebookが向いていると思う。

 

自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~

自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~

 

 

『自分でつくるセーフティネット』(佐々木俊尚・著)では、今のSNSが浸透している社会を総透明社会と称して、そこで自分の考えや思いを形としてアウトプットすることで国や会社に安全を期待するのではなく、自分でセーフティ・ネットをつくることが提案されてる。

 

 フェイスブックには「自分が日ごろどんなところに遊びに行ったり食べに行ったりしているか」「日ごろどんなことを考えているか」ってことがどんどん積み重なっていきます。何年も続けていると、その積み重ねのすべてが自分の人生の写し絵そのものみたいになっていきます。  そして人間関係も透明になっちゃう。「善き人」のフェイスブック友達になってる人は、やっぱりその人も「善き人」だろうなあと判断できる。

 Facebookが普及することで流行ったのがシェアサービスで、Lyft(車に相乗りしてくれる人を探すサービス)やAirbnb(自宅の空いている部屋を旅行者に貸すサービス)などがある。これらを利用するためにはFacebookのアカウントを晒さなければいけない。そこでどういう人なのか調べられて、信頼されるかどうか決まる。

実名で登録しなければならない非匿名性によって信頼が保証される。

将来的に日本でもこのようなサービスが普及する可能性はあるだろうな、と思ったからFBでも少しずつ投稿をしていってる。

ブログを始めたのも同じような狙いがあるんだけどね。

もうネットは異世界じゃなくて、わたしらの生活するこの社会と交わって、人間関係とか生活とかがなめらかにまわっていくためのインフラみたいなものになってきてるってことなんですよ。 

 というわけで、みんなもブログはじめよう!

サブ垢でボクをフォローしよう!