QKAKE::TECH

テックなことを書く

【映画レビュー】いま、自分にできること「Re:LIFE~リライフ~」

「Re:LIFE~リライフ~」

かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリー(マリサ・トメイ)をはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに、鬱屈(うっくつ)したキースの心に変化が生じ……。(シネマトゥデイ)

評価: ★★★★☆ (4.0)

ふふっと笑ってしまうような言い回しが散見されて、とても小気味いい。 丁寧につくられているなあという印象。 ヒューマン・ドラマだけど、下手に感動を取りにいったりしてないのがいい。 ただ、結構唐突に熱心な先生になったので、そこの描写がもう少し欲しかったかもしれない。 じんわりあったかくなる作品だった。

Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]

Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]