QKAKE::TECH

テックなことを書く

まだ受験勉強で消耗してるの?

受験勉強って、継続的に学習できる能力とか、学ぶ方法を学ぶことができるかとか、克己心があるかとかを測っているんだって穿った見方する他ない気がする。
継続的に学習するっていうのはつまり、人って飽きてしまうから、自分にバラエティに富んだご褒美をあげながら目の前のことに取り組むってこと。 でも、勉強している内容に単純に興味があるんだったらそんなの必要ないよね。だって好きだから学んでるんだもん。 そういう人には外的な報酬を与えちゃだめで、アンダーマイニング効果とかいったかな。
学ぶことを学ぶっていうのは、効果的な学び方を学習するってこと。たとえば、まずは全体像を把握して、そこから細部に入っていくとかだったり、英単語を日々目にするところに置いたりするとか、そういうこと。
克己心て言うのは、つまり人間ってダラダラしてしまうから、そういう自分に鞭打って、やるぞ!ってコントロールする力かな。取り組む時間を決めたり、始めのハードルを低くするとかね。例えば、「英文法の本を一日に20ページ読む」なんて厳しい目標は立てずに、最初は「英文法の本を一日に一度開く」くらいに設定しておく。そうしたら意外と人って読むんだよね。自分の意志をいかに行動に結びつけるか、それが大事。

あと、学歴に関して言うと、僕は所謂「高学歴」じゃないから、そういう方たちの立場で発言ができないけれど、その切り口で世の中を見てしまうことは学歴にかかわらず貧相だとは思う。
さすがに会社ではいないけど、でもプライベートで、自分より年上のひとが「かけたんさんが出てる○○大学って偏差値悪くはないですよね?」とか言われたら、そういう物差しで人を測るんだなって、がっかりしてしまう。

頭の話にもどると、勉強することを自分で動機づけしてやれる人はホントすごいと思う。
最初に書いたようなことを実践できるひとは、勉強だけじゃなくてあらゆることにおいてパフォーマンス高そうだし。
そして僕も、自分以外の誰かに何かを与えるためには、そういう風にならないといけないなあって思う。

洋画を見た後に書いたから、なんか口調がアメリカンっぽくてイケてるね!