かけちゃんねる2

エモいことを書く

2016年8月4日(木)の日記

やったこと

  • アプリの仕様変更の文言作成
  • SoftBankショップでSIMについて聞く
  • メール配信

よかったこと

  • 対面でありがとうって言えた
  • 誕生日の人におめでとうって言えた

困っていること

  • サーバに入る権限が与えられなかった
  • まあこれは理由としてはシンプルで、ひとつは、フォロー体制がないということ。つまり僕がなにか失敗したときに丁寧に教えたりする環境が整ってないということ。そりゃそうだよね、みんな第一線で活躍していてさ、僕がただたんにやりたいですみたいなこと言っても、フォローできないとマズイよね。本来彼らにはやるべき業務に集中するという、ある種戦略の元に機能してもらっているわけだから、そこに急遽別の役割を付与するのは厳しいよね。
  • もうひとつは、採用時点の職務規定に則るべきだから。まあそりゃそうだよね、職種ごとに「やること」が違うわけで、「やること」に合わせた業務上のルールがあるわけだからね。いくら「やりたい!」と言っても、そういう為に雇ってるわけじゃないから仕方ないよね。
  • この相談をするときに実は僕やらかしていて、じつは間接的に相談してしまったんだよね。
  • 具体的に言うと、技術的な責任者みたいな人がいて、その人に直接「sshで入りたいんですけど〜」って言えばよかったけど、誰に聞けばいいだろうみたいな段階のときに話していたマネージャにその役目を担ってしまってもらったんだよね。 これはちょっとよくなかったなって反省してる。
  • というのも、まずマネージャにモヤモヤさせちゃったよね。僕の予想だけど、マネージャはある程度僕にやってもらっていいかなくらいの気持ちがあったと思うんだよね。「やってみたら?」って言ってくれたのもその人だったからね。
  • にもかかわらず、今回は結論的に「駄目です」ということを言わせてしまうことになってしまったわけ。しかもそこで僕は「ああ駄目なんですね」というしかないんだよね。つまり相談や交渉ではなくただの決定事項をを聞く形になってしまったんだよね。
  • これもよくなかったね。まあ僕が介入するような必要はない、上で決めることだからって言われたら何も言えないけれど、たぶん文化的にそうじゃないとおもうわけ。 もちろんマネージャは僕の気持ちも汲んで相談してくれたと思っていて、そこを疑うことはないんだけれど、「自分が相談していたら何か違ったのでは?」という可能性を残してしまったのがよくなかったね。
  • 今回は結果的にお互いにモヤモヤしてしまった気がするから、ここから学ぶとすれば、重要な事項については自分が直接意見・相談できる環境があるなら絶対にそうしたほうがいいということだね。
  • そしてもうひとつ言えるとするなら、別の形で「入社」するということだよね。 入社したときの前提の効力が強くはたらいているなら、その前提を変えたほうがいいよね。
  • まあそれが可能か不可能かなんて話はおいておいてさ、自分が貢献できる範囲に対して自ら限界を決めるよりはさ、前提から変えていこうみたいな強い意志をもったほうが健全だと思ったのです。

理想の未来

  • セーフティなグレーゾーンを安全に保持することができる

やりたいこと

  • 視点を変えていく

最後に一言

ひさしぶりにほっともっと来た