QKAKE::TECH

テックなことを書く

覚悟はあるか - 2016年8月5日(金)の日記

「覚悟はありますか?」と聞かれた。「はい!」と答えた。
今日は、会社で面談というか面接みたいなものが2件も急遽立て続けに行われた。

どこまで確定している話なのかわからないし、まだこれからやらなければならないことがたくさんなので、具体的な話はせずにポエムを書く。

偉い人とお話をして、ボクの希望が叶いそうである。とてもうれしい気持ちがある。 しかし、嬉しい気持ちと同時にやっぱり不安もある。 それは「本当に自分にやれるかな?」という不安である。 なんで不安なのかなと思ったけれど、それはバリューを出したいからだと思う。 いい結果になることを想像しているから、それに対するバランスをとるためにそういう感情を生み出しているのだと思う。

だから、やるしかない。

チャレンジするときはみんなドキドキなんだ。 自分でやりたいという気持ちがあるのだから、その気持ちを信じてやっていくしかない。 あらゆることには向き不向きがあるから、新しいことをやるときは、もしかしたら周りの人に不向きという烙印を押されてしまうということを考えてしまう。 でも、そんなのやってみないとわからないのだから悩むに足りないことである。

大事なのはどうやっていくかしかない。 処理能力が足りないのであれば、時間で勝負するしかない。 今、問われているものは時間の投資先だ。 より常に学習していくことが求められる環境で、学習することに時間を投資できるかどうかということだ。 ここらへんの問については各人の信念とも密接に関わってくるところかもしれない。

今日話してくれた方は、モチベーションを保ち続けられることは素晴らしいことだ、みたいなことをいっていた。 まさにやりたいからやる世界だ。 だからこそ、やりたいことをやるためには自分を奮い立たせて常に学習していかなければならないのである。

過去の自分を想像する。モチベーションを高く持って、興奮して手を動かしていた自分を想像する。
やるぞ。