QKAKE::TECH

テックなことを書く

散歩のすゝめ

最近は、1日に1回は外に出ないと気が済まない。 それはおそらく変な健康志向をこじらせてしまっているからなのだが。しかし、これが意外と効果がある気がする。

以前は、なにか一つのことに取り組むと意気込んだときは家に引き篭もるということが多かったのだが、いくつか問題があった。 それは、途中からダラダラYouTubeniconicoを観てしまったりしてしまうようなことだ。 人間の集中力というものはそう長くは続かない。 どうしてだろうと考えたのだが、どう考えても、長時間机の前で同じ姿勢でいることは、走り回って狩りをしていた原始的な人間の仕様に鑑みると不健康なのである。

そこで、たとえ熱中してやらなければならないことであっても休憩を挟むことにした。 内容としては、20分〜1時間程度軽く外を歩く程度のものだ。近所のスーパーやコンビニに歩いて向かうだけでも良い。 するとどうだろう、太陽の光が自分の体に当たっていることを感じたり、自然の音を感じながら大きく深呼吸をしてみることで、冷静な自分に戻ることができる。 そうしたあとに作業の続きをやることで、新しい自分としてさっきまでの自分の成果物に対して批判的に見ることができ、結果的に効率がよい気がする。 こういった気付きから、最近は天気のよい日にずっと家に篭っていることがなくなったのである。