QKAKE::TECH

テックなことを書く

環境の影響と盗む技術

環境の影響はいかほどのものか

声質、声のトーン、話し方、フレーズ、テンション、これらすべてが高い水準で似通っている人がいて、びっくりした。 もしかしたら、兄弟なのかな?と思ったけど、苗字も違うし容姿もことなるから、その線はない。

もしこれが、親しさからくるシンクロの類であれば、結構恐ろしいことだなと思う。 なぜなら、話すフレーズが似ているとはつまり、自分自身の思考の癖が似ていることとニアリーイコールであり、考えることが同じであれば行動という範疇でみても同様の傾向が見られる可能性が高いと考えられるからだ。 これを一般化するなら、周囲の人の能力によって自分の能力が規定されるということである。かなり論理的な飛躍がある気がするけれど、まあそういうことだ。

言いたいのは環境は大事ってことである。知らない間に周りの人の影響を受けてる。だから優秀になりたいなら、優秀な人と長い時間を共有することだ。それは本を読むでもいい。ただし、五感で得るものの情報量には劣ってしまう。 同様に楽観的になりたけれは、楽観的だと思われる人と時間を共有する時間を増やせばいい。

そのときに大事なのはオープンマインドであることだろう。相手のあるがままを観察して、拒絶せずに受け入れてみることだ。

身近にいる賢い人の話し方・思考のフレームワークを真似て見たり、最強エンジニアのソースコードのよいところを盗んだり、そういうことが一番楽に圧倒的成長を遂げるコツだろう。

巨人の肩に乗ろう。