読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけちゃんねる2

エモいことを書く

ブログを書かなかったから体調不良になった

Diary LifeHack

ブログを書くことを放置してしまったから体調が悪くなった。 はたして疑似相関がみられるかも怪しいけど、いま体調が優れていないことだけは事実だ。

ブログを書かないと体調が悪くなるとは、朝ごはんを食べたら頭が良くなるみたいなことを言っている。 朝ごはんを食べないというのは、そもそも朝ごはんをちゃんと食べる習慣がない家庭に育ったか、規則正しく何かをやるということを学習させることを放棄させられた家庭で育ったようなことが考えられ、それが原因で様々な問題が生じ結果として、集中する力や継続して努力する力が養われなかったかもしれない。 この因果関係をはっきりと証明することはとても難しいだろう。なぜなら僕たちはたくさんの力学に影響されて日々を過ごしているからだ。自分が選択していると信じていることのどれだけが、無意識的に選択されたものだろうか。

話を戻すと、なぜブログを書かなかったのだろうか。 それは怠惰だろう。書こうと思えば書けたけれど、書かないことを「選択」し、電車の中で代わりにラジオを聴くことを選んだ。ラジオを聴き始めると、慣性の法則がはたらいてどんどんラジオを聴き続けてしまうというのは一つのシナリオとして考えられる。 他にはなにが考えられるだろう。ブログを書く目的を失ったということもあるだろう。ブログの目的のひとつとして社内外に自己紹介をするというものがあるけれど、もしかしたらその必要性を感じなくなったのかもしれない。それはなぜだろう。考えると今自分が求めているものは生存戦略としての会社とは別のコミュニティであり、それらをつくるためには日記的なブログを書くだけでは足らないと感じたのかもしれない。(現に別のところでコミュニティをつくろうと種を蒔いている)

このように思考をアウトプットする習慣が失われてしまったこと、また休日に行なっていた「ふりかえり」すら放棄してしまったことが、体調不良を引き起こしているとも考えられる。 つまり、今日(月曜日)の体調不良を例に挙げると、問題は動物的な休日を過ごしてしまったことだ。一つの例としては僕は家計簿のお金の計算すら間違えてあやうく親にまたお金を借りるところだった。そんな様子だから脳に負荷をかけることに慣れないまま平日を迎え、大量のコードと自らのアウトプットによって容易に疲弊してしまったのだろうと考えられる。 あるいは、人とのコミュニケーション(休日には人と話さない)ことや、環境要因(まわりに他者を感じること)なども考えられる。もしくは曇り空であったし、低気圧のせいにすることもできる。

こうしてみるとなにとはっきりとした因果関係があるかなんてわかる気がしない。 わかるのは、いま、体調が悪いということと、未来のために安静にして寝たほうがよいということだ。未来を見ていこう。