QKAKE::TECH

テックなことを書く

お金が欲しいならはちま速報を見ろ

http://anond.hatelabo.jp/20170314095939

をみて、俺も最近こういうこと考える。

別に自分が「わかっている」人とは思ってないけれど、「具体と抽象」の存在に気づいてしまってからは、どうしてこの人たちはずっと具体のレベルでグチグチ言ってるのだろうとか思うことがある。 自分が楽しいと感じることって、いままで知らなかったことを知ることや、あるいは既知のことに新しい解釈を与えてくれることだったりする。 だからそういったコンテンツをすすんで取り入れるようになっているのだけれど、これらのコンテンツの拡散力がとても弱い。 どう考えても、ゲス乙女の女遊びの話や、朝ドラ女優が出家するとかいう話の数倍は面白いしと思うのだけれど、その拡散力は絶望的なものだ。

これはSNSがいじめエンターテイメントの舞台になってしまっているからで、結局「あいつウザい!」「わかるわかる」だけ言って空虚な共感と承認を得る「社会的な」人間が民主主義においては強い力も持ちすぎてるってことだろうなあ。

俺たちが幸せになるためには、マジョリティに媚びるしかないのか? 少なくとも「お金」をひとつの幸福度の基準とするなら、圧倒的に媚びるものの勝利だろう。知的であろうとか、わかる人がわかればいいとかいった美意識を取っ払って、お金を稼ぐことは手段であると毅然とした態度を示したうえで、媚びまくるしかないのだろうか。

民主主義の源流はなんなのかとか、どう発展してきたのかとか勉強したいな。