QKAKE::TECH

テックなことを書く

金持ちなので日記を書きます。

今日は以下の2冊を読んだ。

単なる不動産投資推奨本かと思ったけど違った。読んでよかった。 負債をかえすために費用がかさみ資産が貯まらず、そのため負債をかかえるといったような負のスパイラルに陥らないためにも読んでおくべきな本だった。 さっそく、これからの贅沢品(1万円以上)は、お金が働いて稼いでくれた金額が固定費(家賃・交通費・食費など)を上回ったときに初めて買うものとします。 なぜなら、人間の欲望には際限がないから。うっかりこのまま生活のための必要経費(給料)の余りをちょっとした贅沢に使いつづけてしまうことにならないためにもね。

あまりおもしろくなかった。言っているのは20代のうちから真面目に人生考えなさいということで、そりゃまあなあという感じ。 意識だけは高いけど何も行動せずに親のすねをかじっている20代には刺さるかもなという内容。 人生100年時代とはいっても、肉体的なパフォーマンスはやっぱり歳とともに衰えるしなあ。 そう考えると、全ての活動の源である身体っていうのが一番の資産だし、これを収入に変換する(睡眠時間を削らなければならない仕事に従事する)って長い目でみるとコスパ悪い気がするな。一番華やかな時期に、一番くたびれた顔をしてしまうのは何より機会損失だと思う。 またそういうラットレースから抜け出せない限りは、自己投資、自己研鑽の時間もないだろうし、したがってそれこそ資本家のために働き、税金を収める形で政府のために働き、銀行のために働くようなマインドから抜け出せないと思うので。