かけちゃんねる2

エモいことを書く

なぜあなたは助言されないのか

最近思うんだよね、助言もらうことはありがたいことだと。 助言をもらうということは、あなたがまだまだ未熟だからかもしれない。だけど、あなたはひとりで生きているわけじゃない。だから、あなたが高みを目指したいという人間であるならば、いつまでも助言をもらいながら生きていったほうがむしろ効率が良い。

もしかしたらあなたは誰かに、あなたが既に知っていることについて助言をされたときに「そんなのわかってるよ!」「俺のことを舐めているのか!」と自動的に反応してしまうことがあるかもしれない。 しかし、そんな親に対する思春期の反応みたいなものは高校生までで卒業すべきだ。 そんな反応を続けていると、せっかく親切に助言してくれようとした相手はきっとこう思うだろう。じゃあもう何も言わないから勝手にやってくれ、と。

助言を受けたときに、あなたが既知のことであれば簡素にアグリーだと伝えればよいだけだ。わざわざ人と人との対立構造をつくる必要はない。 もし、相手が自分では気づいていなかったことを助言してくれたら、なぜそうなるのか詳しく聞いてみよう。 そして、どのケースにおいてもあなたのことを思って助言してくれた相手のことを想って感謝しよう。