Kaketan::Tech

誰かのためになるかもしれないテックなことに関するメモを書いています。

俺も我慢してるからお前も我慢しろとかいう糞ロジックについて

▼ 宣伝 ▼

これを読んでいるあなた!HP制作・アフィリエイトサイト制作に興味ありませんか?

現在、コーポレートサイトやアフィリエイトサイトの制作、月額課金制のファンクラブ制作などを行っています。

新しい収益源・集客ツールとしてのWeb制作はお任せください!「Kaketan::Tech を見た」で特別価格にてご案内いたします。

詳細は こちら のお仕事一覧をご覧ください!

プログラミング学習支援サロンのご紹介

フリーランスエンジニアの私が、あなたがプログラマとして案件を獲得できるようになるまでサポートいたします。詳細は こちら をクリック!

▲ 宣伝 ▲

「俺も我慢してるからお前も我慢しろ」って世界に20年近く生きてたんだけど、結構生きづらかったので「俺はあなたに迷惑をかけるから、あなたの迷惑にも寛容になります」という世界に生きるようにしていて、結構心地よい。 この違いって結構大きいし、たぶんいまは前者の人と仲良くなれないかもしれない。

エレベータで上っていたときに、人が多くて停止階のボタンが押せなかったときにしばしば人が減った後に追加で停止階のボタンを押すことがあるのだけど、今日それをやったら「はぁーー」って俺にわざわざ聞こえるように女性がため息をついた。たしかに気持ちはわかって、俺も一瞬ボタン押さずに、その女性が降りる階まで上ったあとに、彼女のためにいいことをした自分を褒めながら階段を降りればいいかと考えたのだけど、やめた。 それは利己心にあふれているとか、他者貢献を欠いているとかいう話ではなく、自分の気持ちに素直になり我慢せず相手に迷惑をかけるということだ。もちろん気持ちよく迷惑をかけるのには失敗していて、たぶん1階でエレベータに乗った瞬間に「すいませ〜ん」とかいいながら無理やりボタンを押しておけばよかったと反省したし次からはそうしようと思った。 とはいえ、そんなたった数秒のロスくらいでイライラしてため息ついて攻撃的になるような人には絶対になりたくないなと思った。