Kaketan::Tech

誰かのためになるかもしれないテックなことに関するメモを書いています。

やりたいことがない就活生は人的資本を増やすことに集中しようという話

▼ 宣伝 ▼

これを読んでいるあなた!HP制作・アフィリエイトサイト制作に興味ありませんか?

現在、コーポレートサイトやアフィリエイトサイトの制作、月額課金制のファンクラブ制作などを行っています。

新しい収益源・集客ツールとしてのWeb制作はお任せください!「Kaketan::Tech を見た」で特別価格にてご案内いたします。

詳細は こちら のお仕事一覧をご覧ください!

プログラミング学習支援サロンのご紹介

フリーランスエンジニアの私が、あなたがプログラマとして案件を獲得できるようになるまでサポートいたします。詳細は こちら をクリック!

▲ 宣伝 ▲

やりたいことがない就活生へ

いきなりですが、やりたいことがないということは、世の中への関心が薄いのが原因かもしれません。
やりたいこと、特に仕事となる行いというのは需要がなければあり得ず、それは則ち世の中の動きに依るものであり、したがって世の中の動きに関心がなければやりたいことは見つからないかもしれません。
やりたいことがある人は、「就職活動」といったものをやる前から興味のある分野があり、既に自分が貢献できる範囲で何かしらの行動をしているものだと思います。

したがって、就職活動が始まって、なにをやりたいかわからないあなたはこれから自分の好きなものを見つけていく必要がありそうです。
そして、それは自分探しの旅に出るようなもので発見できるものではなく、世の中の様々な出来事について「なぜだろう?」と疑問をもち、調べていく過程で見つかるものだと思います。それが学習の本質だと思います。
なので、そういった学習は、仕事をしながらでも、本を読んだり、論文を読んだり、ググったりして行うのがよさそうです。

理想のライフスタイルから逆算する

では、具体的な職業としての夢がない場合どの仕事をすれば良いでしょうか。
ひとつの選択肢としては、自分の理想のライフスタイルから逆算してなにを仕事にするか選ぶとよさそうです。
それは例えば、満員電車に運ばれる通勤が嫌なのでリモートワークをしたいということであれば、営業やバックオフィス業務よりは、ソフトウェア開発や Web デザイン制作などを仕事にするとよいかもしれません。

人的資本を増やす

前述の学習にも通じますが、仕事をするうえでなによりも大事なことは学びつづけることです。なぜかというと、人的資本こそが稼ぐ力であるからです。
たとえば自分の資本ポートフォリオを人的資本、社会資本、金融資本の3つに区分したとします。

人的資本とは、自分の頭のなかにある知識や経験、技能などのことです。
社会資本とは、コネ、コミュニティの力、影響力、発信力などのことです。
金融資本とは、法定通貨、仮想通貨、不動産などのことです。

このうち、レバレッジが効くのが人的資本です。
つまり、人的資本によって社会資本を増やしたり、人的資本によって増やした金融資本をつかって時間を買い、人的資本を増やすなどの運用が可能です。
たとえば、自分が手を動かしてできることが増えれば増えるほど、それを教えることを仕事にできるかもしれないし、貢献によって人脈が広がるかもしれません。
とくに、人脈が広いとか、実家が金持ちとかではないのであれば人的資本を増やすことに特化すると費用対効果が高いといえそうです。